So-net無料ブログ作成

小物合わせ&サンディングまで [Peugeot905 '91suzuka]

今日の項目
・ウインドウも合わせなきゃいけないんだ!!
・ライトカバーを合わせるのは面倒だなぁー!!
・ワイパーも自分で曲げて合わせるの?
・各小物パーツも合わせを行う
・”ビスの下穴”って何なの?
・”ピンホール”って何?それをどうするのさサ!
・ここで一度サンディングする


写真 2014-08-23 14 55 17_1-800.jpg
ウインドウはまったく調整無しでドンピシャ!
たまにあります、こんな事。

今回は幸いライトカバーは調整は無し。
制作仕様はライトカバーはグロスブラックなので、
この黄変したレジンパーツをそのまま使いますが、
右側の1/3欠損してる・・・。なかなか楽は出来ず。
写真 2014-08-24 7 24 57-800.jpg
ボディにマスクゾルを塗って、光硬化パテを流し
整形しました。
別パーツのルーフ上のエアインテークも一部欠損していたので
同じように補修しました。
写真 2014-08-24 7 31 16-800.jpg
写真 2014-08-24 9 51 36-800.jpg
写真 2014-08-24 7 58 21-800.jpg

ワイパーの他にリアウイングのステーも折り曲げ。
0.5mmの真鍮線を追加しておきました。
写真 2014-08-23 14 55 39-800.jpg
写真 2014-08-24 15 42 21-800.jpg
エッチングパーツを切り出し、かなり汚れていたので磨きました。
リアウイングと翼端版をエポキシで接着。
収まりも大丈夫そうです。
写真 2014-08-23 14 55 49-800.jpg
写真 2014-08-23 16 45 29-800.jpg
写真 2014-08-24 7 03 59-800.jpg
下穴を2mmで開けボディとシャシの収まり確認。
ピンホールをパテ埋め。
写真 2014-08-23 14 56 36-800.jpg写真 2014-08-20 15 46 27-800.jpg
写真 2014-08-21 10 15 02-800.jpg
エグゾーストパイプは置き換えたい衝動を抑えて・・
穴を開け直し周りを掘って・・これでいきます。
写真 2014-08-17 12 26 27-800.jpg
全体を#500でサンディングして、ブラシを使ってよく水洗いしました。
写真 2014-08-24 12 30 56-800.jpg

p905 車高調整 [Peugeot905 '91suzuka]

前回の続きから・・
レジン製のタイヤが縮んでいたので内径削って広げて、
0.5mmのプラ版を張って外径を大きくしました。
継ぎ目等を瞬着&ポリパテ使って修正。
写真 2014-08-21 9 26 45-800.jpg
次の項目は
・タイヤをボディにセットしてみよう!
・車高をチェックしてネ!
・トレッドも決めなきゃならないの・・・・もう!
写真 2014-08-21 12 24 44 - コピー-800.jpg
セットしました。
上がタイヤ外径修正前、下が修正後です。
ちょっとはましになりました。
905_sya-800.jpg
車高、トレッドはこんなもんでしょう。
写真 2014-08-21 12 24 09-800.jpg

プジョー905 '91スズカ 開始 [Peugeot905 '91suzuka]

「Car Model Techniques Guide3」
写真 2014-08-16 17 32 31-800.jpg
本棚整理してたら出てきました。
当時(平成7年8月31日発行!!)この本は知らない
工具やマテリアル、使用方法等が書かれており
重宝していました。
今読み返してみても面白い、初心忘るべからずです。
で、1/43の作例も3台(レジン、メタル、メタルフルディテール)ありまして、
この作例(レジン)通りに制作を進めてみようかと・・・・。
キットは「フランス プロバンスムラージュのプジョー905 '91鈴鹿」
写真 2014-08-16 17 35 05-800.jpg
一応揃っていますね。
写真 2014-08-16 17 35 42-800.jpg
写真 2014-08-16 17 31 53-800.jpg
大体同じ部品構成。
写真 2014-08-16 17 35 55-800.jpg
写真 2014-08-16 17 44 25-800.jpg
私の場合、ここが鬼門!書籍やネットで資料探しして深みに嵌り、完成遠のくパターンを数年続けてましたが
ここ数年はそれを避け、完成に持っていけるようにしています。
写真 2014-08-16 17 36 56-800.jpg
いきなり脱線!!
私ここでは余程でない限り洗いません。
写真 2014-08-16 17 37 34-800.jpg
写真 2014-08-16 17 54 49-800.jpg
写真 2014-08-16 17 59 44-800.jpg
ボディ&シャシーにはおおきなバリはほとんどなく小物部品
のバリ取りで済んみました。
写真 2014-08-16 17 38 02-800.jpg
写真 2014-08-17 7 02 50-800.jpg
特に修正無しでOK.でした。
写真 2014-08-16 17 38 21-800.jpg
ホイールはメタルの本体にレジンのスポークを入れるだけなのですが、それ以前に前後のタイヤ太さが違うのに
ホイールは前後4個同じものが・・、あ、シャフトも1本しか入ってなかったし、よくある事ですね。
写真 2014-08-17 7 16 28-800.jpg
それとタイヤはゴムではなくレジン製でして月日も経っているので当然の様に縮んでホイルに入りませぬ。
ジャンクから持って来ようと思いましたがここはあえてこのまま使用します。
(他から流用したほうが早いんですけれどね。
写真 2014-08-17 7 32 19-800.jpg
内径削ります。
写真 2014-08-17 9 55 05-800.jpg
で、当然タイヤの肉厚は減ります。車高も落ちますが見た目も今一つなので厚みを持たせましょう。
プラ版で。
写真 2014-08-17 10 16 14-800.jpg
写真 2014-08-17 11 20 23-800.jpg
0.5mm程厚くしました。







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。